藤田恒夫

鍋のなかの解剖学

発行:風人社
仕様:四六判 上製本240頁
定価:本体1,900円+税
1995年3月20日発行
ISBN4-938643-12-X C0040 P1900E

装幀:高麗隆彦

★日本図書館協会選定図書

続刊「続 鍋のなかの解剖学」好評発売中 

?????????????U?w
解剖学者 藤田教授の研究室には、立派な台所がある。
アンコウ鍋で形態観察、ミトコンドリア・スープへの挑戦、
膵臓の舌触りへのこだわり、……。
その研究室で、消化管ホルモンの独創的研究を生みだし、
分野の垣根を超えた幅広い好奇心で、縦横に行動する教授の、
学問の愉しさあふれる本。

長らく品切れ中でしたが、出荷可能になりました。


掲載書評はこちら



藤田恒夫(ふじた・つねお)

<略歴>
1929年生まれ。
東京大学医学部卒業。同大学院博士課程(解剖学)修了。医学博士。
新潟大学医学部教授。
生命科学の総合誌「ミクロスコピア」を主宰するほか、英文の国際学術誌を編集・発行するなど、専門の研究(神経とホルモンの連続性など)にとどまらない多彩 な文化活動を展開している。
アメリカ解剖学会名誉会員、国際形態科学常任理事、日本ペンクラブ会員、日本味の会副会長。
主な著書に『腸は考える』『入門人体解剖学』訳書『美しき完成〜ノーベル賞女性科学者の回想』など。


 本書の目次

1 台所のある研究室
  鍋のなかの解剖学
  ミトコン・スープ
  膵臓を食う/ 料理と染色
  「腸能力」を追って
  腸に奉仕する脳
  かえるが、いま面白い(1)
  かえる、いま面白い(2)
  肝臓を食う会/ 朝食会二十年

2 独創性への畏敬
  小宇宙へのロケット
  ミクロの折り鶴
  ジェンナー礼賛
  ハンター博物館
  骨に刻んだ時刻
  北里先生との記念写真
  消えたオギノ邸
  うまみの研究

3 科学の世界と日本語
  英語は永劫か
  国際化の流れと日本語
  医学の業界用語
  中国留学生について
  中国の日本語医学クラス
  国際学会あれこれ

4 らせんと巡りあい
  パラサイト
  夏雲の流れる下で
  小川鼎三先生の思い出
  脳耳
  バルクマン先生
  研究のらせん
  先生とのわかれ
  父と時計

5 旅と絵と
  私の医学生時代
  一枚の絵
  たのしい理科クラブ
  破壊する勇気
  芸術のゲップ
  ベルゲンで
  ラーンのほとり
  病床からの手紙
  傘

あとがき


風人社トップ